矯正歯科で歯並び改善~歯も心も美しくデンタルケア~

口腔外科治療の特徴

白い歯

一般的な歯科医院で行なう治療は虫歯や歯周病などが多いです。ですが、歯科治療の種類として口腔外科というジャンルがあります。口腔外科とは、口の中や口に関係する場所に発生した症状や疾患に対して行なう治療のことを言います。これには下や構内の頬の粘膜、口蓋なども含まれています。これらは上顎や下顎の骨などの組織で構成されています。口腔に関連する器官に顎の関節やリンパ腺、唾液腺があります。このような場所に先天的な発育に異常があったり、損傷、炎症、神経疾患、良性癌や悪性癌、などの症状がある場合に治療を行ないます。

口腔外科で行なう疾患には多くの種類があります。口腔内だけでなく、その周囲の器官も対象とした疾患があります。親知らずや顎関節症、口内炎、良性の腫瘍、外傷などの他にも多くあります。口腔外科はその対象とする範囲が広いので、歯科医院によっては一人の歯科医だけでなく各担当医が協力しあって治療をすすめる事もありあます。場合によっては歯科以外にも内科や形成外科、耳鼻咽喉科などとを繋ぐ仲介役のような役割をすることもあります。口腔外科での治療は、特殊な施術を行なうこともあるので、大きな大学病院などで受けることが一般的です。ですが最近では東京だけでなく大阪や福岡では大学病院以外でも工区外科の治療を受けることが出来ます。大阪などでは、駅から歩いて一分の場所に口腔外科があったりするので、非常に便利で容易にアクセスすることが出来ます。アクセスが容易なのは継続的に通わなければいけない、口腔外科治療患者には都合がいいでしょう。治療を受けるときは事前な予約、問い合わせをしておくと良いでしょう。